お店に欠かせないもの

インク

日本における看板の歴史について

実店舗において販売を促進する大きな役割を果たしているものとして、看板があげられます。看板には様々な種類があります。電飾看板や立て看板、ノボリ看板やプレート看板などあげてみればきりがないほど様々な種類のものがあります。日本において看板と呼べるものが使用され始めたのは8世紀の奈良時代の頃だと言われています。当時看板の素材としては薄い木札が利用されていました。当時は字が読める人が少なく、看板には絵が描かれていたようです。平安時代には竹や木の札に絵とともに文字も書かれるようになり、明治以降、現在私たちがよく知っているタイプの看板が幅広く発展するようになりました。立て看板をはじめとする看板を上手に利用して売り上げに貢献させたいものです。

立て看板の今後の動向について

商業地を歩いていれば必ずと言っていいほどよく目に入る立て看板は、立て看板の専門店などで購入することができます。立て看板の専門店はネット通販でも利用でき、全国どこからでも気軽に購入することができます。立て看板には様々な種類があります。A型看板や樹脂スタンド看板、タワーサインや和風スタンド看板、ポールスタンドやパネルスタンド、掲示板スタンドなど実に様々です。レストランやカフェでよく見かける黒板タイプの立て看板もネット通販で購入できます。実店舗が存在する限り立て看板は商売をする上で必要不可欠なアイテムだと考えられます。ネット通販で気軽に購入できるということもあり、今後ますます立て看板が広く利用されるのではないかと推測されます。